今明かされた過去の秘密・・・

 先日、ご近所の方と保護犬について話す機会があって、このとき判明したかえでの過去・・・

 2007年5月10日の記事にある、父母留守中のかえでの家出。このときかえでを捕らえてうちに連れ戻してくれて、再び家から出ることが無いようにドアの前にビール瓶の箱を置いてくれたのはこの方だった!

 近所の別の家の人からこの方の家に、「**さんの家の犬だと思うけど、近所をうろついている大犬がいる。どうしよう?」と連絡が入り、うろうろしているかえでを意を決して捕まえてくれたらしい。

 「意を決して」というのは、この人も犬を飼ってはいるがポメラニアンと小型、かえでとはしょっちゅう会ってはいるが、そのときはまだ、大きいし噛むんじゃないか・・・とやはり少し怖かったよう。

 そのころからかえでは噛む犬ではないが、まだ若くかなりどっかんだったし・・・

 でも交通事故にあったらかわいそうだし、と「かえでちゃん!」と呼んだらしっぽを振ってやって来たので「意を決して」捕まえたということ。

 ありがたや・・・いくら感謝してもしたりないくらい。

 このときなぜかえでが家から出たのかは今もわからないが、簡単なカギをあけることはたまにあったから、なにかの拍子にカギがあいて出てしまったのだろう。(その後カギは2重にした)

 危険と紙一重ではあるが、かえではいろいろあったので、いろいろな人の記憶に鮮烈に残っており、ちょっとうれしいかも。

 

 
[PR]
by junlab11 | 2015-08-17 22:52 | 思い出 | Comments(0)


<< 6か月 15歳の誕生日 >>